バナジウムウォーター(天然水)のウォーターサーバーを検証

2014年度、バナジウムウォーター(天然水)のウォーターサーバーを検討

近頃、ウォーターサーバーはたくさんのクラスが出ています。その中でも、バナジウムウォーターが飲める、おすすめのウォーターサーバーを検証ランク口外いたしました。

はじめての方でも、一目でわかるように、 サーバー賃料(ひと月) : 電気料金(月々) : 冷水・温水 : 活用済ボトル : 配送オッケー界隈 : 送料 : 水ボトルコスト を附箋いたしました。

また、 ウォーターサーバーの得意 ・ 奨励たび ・ そんなクライアントに勧告 も、ウォーターサーバーの雇用の際に、ご参考にしていただければと思います。


因みに、私のお勧めは、第5あたり クリティア (バナジウム91μg/L)だ。

知名度・注目は他に劣りますが、安さではどこにも負けていません。一年中呑み積み重ねる水ですので、お金も非常に大事です。

お水の品名を気にしないなら、総合的な能率はとても可愛らしく奨励といえます。

とにかく、バナジウム水で安く飲みたいクライアントにはお求めだ。


<<↓↓↓私のお勧め・クリティアのオフィシャルサイトへ↓↓↓>>




第1近く 【天然水のウォーターサーバー | DMM.com】バナジウム85μg/L

サーバーレンタル費用/ひと月:サービス
電気代/月収       :約1000円程
冷水・温水         :冷水○・温水○
剰余箱          :非引き上げ(ディスポーザブル)
運送辺り         :全国(沖縄・離島を除く)
ボトル値段         :
   1装着 7リットル×4メニュー  4620円

報告:
現時点、最もオープンが手早く、ストックも豊富にあり、いち押しなのが、喚起でおなじみの、DMM.comが取り扱っている【天然水のウォーターサーバー | DMM.com】だ。
お水も最高級の富士山からのバナジウム(85μg/L)入りの天然水だ。ベイビーのミルクも安心して焼ける超軟水だ。
他社と比べると、バナジウムはごくわずか少ないですが、スゴイ導入の早さ、ストックのボリュームですので、現段階では、ベストオススメのウォーターサーバーだ。


<<↓↓↓こちらからお申し込みできます。↓↓↓>>




第2近辺 アクアクララ (バナジウム270μg/L)

サーバー経費(月額)  :アクアクレール 1050円
                アクアペルト   1575円

電気料金(ひと月)    :月4図書ほどの使用で約1000円程度
冷水・温水        :冷水○・温水○
実践済ボトル       :引き上げ(タダ)
購入可能フィールド      :国内
送料         :不要(「あさぎり野原高パーバナジウム270」一端送料が増える場合があります。)
水ボトル経費      :
  「ウォーターボトル・主役」(1本12リットル)1260円
  「ウォーターボトル・華奢」   (1本 8リットル) 1050円

  「アクアクララあさぎり野原高パーバナジウム270」
                        (1本 8リットル) 1680円
<<↑↑↑こういうお水が、バナジウム270μg/L↑↑↑>>


アクアクララの強み:
アクアクララは、コマーシャルもおなじみのウォーターサーバーで、全国shareダメ.1だ。トランスポートは津々浦々素振りしています。また、ウォーターサーバーのコントラストといったカテゴリーを選ぶことができるので、内装にあったものを選ぶことができます。ベビーアクアプランという、妊産婦から3年代以内のお子さんがいるほうが対象のおトクな作戦もあります。
バナジウムウォーターとしては、「アクアクララあさぎり野原高パーバナジウム270」が、バナジウム270μg/L他と比べて高濃度のバナジウムウォーターだ。但し、(1本8リットルが1680円)といった他社のバナジウムウォーターによって高額(12リットル換算2520円)になっていますので、注意が必要です。

オススメごと:★★★★★
こうしたヤツにおすすめ:少し高くても、高濃度なバナジウム水を飲みたいヤツ


<<↓↓↓アクアクララのオフィシャルウェブサイトへ↓↓↓>>

第3辺り コスモウォーター (バナジウム122μg/L)

サーバー経費(月々)  :サービス
電気料金(サラリー)     :電気ポットの約幾分。1000円頃
冷水・温水         :冷水○・温水○
実践済ボトル       :非引き上げ(ディスポーザブル)
宅配可能方面      :全国(北海道・沖縄・離島を除く)
送料         :フリー
水ボトル単価       :
   深層京都の普通ミネラルウォーター
      「古都の天然水」      (1本12リットル)1680円
   深層京都の普通ミネラルウォーター
      「ヨーロピアンウォーター」 (1本 9リットル) 1323円
   生れつき亜鉛・オーガニックゲルマニウムブレンド
      「日田天然水」        (1本12リットル)1890円
   野放しバナジウム・野放し亜鉛
      「富士の滴」         (1本12リットル)1890円
<<↑↑↑こういうお水が、バナジウム122μg/L↑↑↑>>


コスモウォーターの姿:
コスモウォーターは全国で20万台を突破した信望ウォーターサーバーだ。4型の天然水から買えるところが特徴です。また、ウォーターサーバーの色つやも5個々から選ぶ事ができるのもインプレッションとなっています。
バナジウムウォーターとしては、「富士の滴」 がバナジウム122μg/Lで、(1本12リットル1890円)ってお値段もお手ごろで、オススメのバナジウムウォーターとなっています。

推奨都度:★★★★★
こんな奴に奨励:素材って総額のバランスがとれたバナジウム水を飲みたい奴


<<↓↓↓コスモウォーターのオフィシャルウェブサイトへ↓↓↓>>




第4前後 富士青龍水 (バナジウム91μg/L)

サーバー総計(月)  :不要
電気料金(給料)     :約1,000円だ。
冷水・温水        :冷水○・温水○
消費済ボトル       :非受け取り(ディスポーザブル)
オーダー可能域      :国中
送料         :無料(北海道・沖縄は別に送料がかかります。)
水ボトルフィー      :
パートステッカーを集めて、30ニュースで1本バックアップとなっています。
 バナジウム天然水「富士青龍水」(1本12リットル)1995円
<<↑↑↑こういうお水が、バナジウム91μg/L↑↑↑>>


富士青龍水のイメージ:
富士青龍水は、ダイエット・メタボ戦術・毒消しに、富士青龍水での水飲み丈夫法を推奨している、「水と丈夫」を真面目に考えている仕事だ。輸送は国内応対しているので、北海道・沖縄の方には一際オススメです。
バナジウムウォーターとしては、「富士青龍水」が、バナジウム91μg/Lで、(1本12リットル1995円)となっています。

勧告たび:★★★★
あんな手法にお薦め:北海道・沖縄において、なるべく安いバナジウム水を飲みたい手法


<<↓↓↓富士青龍水のオフィシャルウェブサイトへ↓↓↓>>




第5等 クリティア (バナジウム91μg/L)

サーバー経費(ひと月)    :500円
電気料金(給料)       :−−
冷水・温水          :冷水○・温水○
利用済ボトル         :非引き上げ(ディスポーザブル)
オーダー可エリア        :国中(沖縄・離島を除く)
送料           :付き (北海道は更に送料がかかります。)
水ボトルプライス         :
20本で2本フリー添付となっています。
  「CLYTIA25」(1本12リットル)1700円
<<↑↑↑こういうお水が、バナジウム91μg/L↑↑↑>>


クリティアの直感:
クリティアは、「CLYTIA25」1ランクのお水のみですが、実にリーズナブルなお水だ。
バナジウムウォーターとしては、「CLYTIA25」が、バナジウム91μg/Lで、(1本12リットル1700円)という、バナジウムウォーターの中では、だいぶ安くなっていますので、さっそくバナジウムウォーターをお安く飲みたい手法にはオススメです。

お薦め度:★★★★
そんな者にお薦め:バナジウム水をなるべく安く飲みたい者


<<↓↓↓クリティアのオフィシャルサイトへ↓↓↓>>




第6等 Mizの樹 (バナジウム17μg/L)

サーバーお金(月給)   :サービス
電気料金(サラリー)      :約90円時分
Mizの樹スモールで一月タイミング88.25円  80L使用時/月々
Mizの樹L  で一月期間94.34円 160L使用時/ひと月
冷水・温水         :冷水○・温水○
活用済ボトル        :内側の空写真水入れ物のみディスポーザブル、デコレーションエコ背面は10背面返付で1背面キャンペーン
買い物オーケーエリア       :津々浦々
送料          :無償(北海道・沖縄は更に送料がかかります。)
水ボトル費用        :
Mizの樹では、1バックをロットとしています。
1背後は20リットル(10L×2文献若しくは、20L×1本)だ。
月1背部(20リットル)は定期便となっています。
  「阿蘇山のバナジウム天然水」(1本10リットル)1690円
  「阿蘇山のバナジウム天然水」(1本20リットル)3380円
<<↑↑↑こういうお水が、バナジウム17μg/L↑↑↑>>


Mizの樹のお家芸:
こういうMizの樹は、実に安全な水を思う存分追求していらっしゃる真面目な社だ。体へのセキュリティー、状況への留意、サーバー電気代も別を圧倒するサラリー約90円の安さ、どれをとっても高いウォーターサーバーだ。
バナジウムウォーターとしては、富士山のバナジウムではありませんが、「阿蘇山のバナジウム天然水」が、バナジウム17μg/Lで、(1本20リットル3380円)となっています。(12リットル換算2028円)
「阿蘇山のバナジウム天然水」は、バナジウムは安めですが、他のミネラルも豊富にあるかっこいいお水だ。私も何よりオススメしていますので、ここでは奪い取りさせてもらいました。

おすすめごと:★★★★
そんなクライアントにオススメ:最高にお水にこだわって掛かるクライアント、ウォーターサーバーの電気代をなるたけ安くしたいクライアント


<<↓↓↓Mizの樹のオフィシャルサイトへ↓↓↓>>




バナジウムウォーター(天然水)のウォーターサーバーを比較献立